COLUMN

ゲッターズ飯田の一番弟子が教えるチャンスの掴み方

7月11日(土)に放送された「占いフェス at home」の開運LIVEステージ「ゲッターズ飯田の一番弟子が教えるチャンスの掴み方」。この番組では、ぷりあでぃす玲奈さんが登場し、運を良くする方法をテーマに開運のヒントを教えてくれました。

あのゲッターズ飯田の一番弟子として「突然ですが占ってもいいですか?」をはじめ、各メディアで注目されている占い師・ぷりあでぃす玲奈さんの気になる開運トークの内容を振り返ってみましょう。

ゲッターズ飯田の一番弟子が教えるチャンスの掴み方

ある口癖を治したらチャンスに繋がった? ぷりあでぃす玲奈がチャンスを掴んだきっかけ

ぷりあでぃすさん自身がチャンスを掴むきっかけのひとつとして挙げていたのが、とある口癖を治したことだそうです。

それが、「でも」「だって」。否定から入ってしまうこの言葉は、自分から可能性を閉じてしまう言葉でもあります。

2~3年かけてこの口癖を口にしないようにしていったぷりあでぃすさん。その結果、なにかをやりたいと思ったときに手伝ってくれる人が増えたそう。気付けば知り合いが増えていて、その影響で流れが良くなったり、味方が増えたりといったことを実感できたそうです。

何気ない日常の中で、うっかり運気を下げる行動を取っている可能性は誰にでもあります。もしなにか思い当たることがあれば、これを機会に見直してみるのもいいですね。

また、運を良くするコツとして紹介してくれたのが、鏡を毎日磨くこと。己を映す鏡をキレイに保っておくのが昔からの習慣で、鏡の前に立つ度にささっと磨くようにしているそうです。

これなら簡単なので、毎日の生活に取り入れてみたいですね。

番組ではこの後、視聴者からの悩みを次々と占っていったぷりあでぃすさん。良くないことはハッキリと伝えるサバサバとした語り口が印象的でした。

運良く占ってもらえた人も、注意したほうがいいことや避けたほうがいいことをビシッと伝えてくれるので、「じゃあこうしよう」と前向きな気持ちになれたのではないでしょうか。

2020年下半期の星座別「チャンスのつかみ方」

番組の最後には、「占いフェス at home」のために占ってくれた2020年下半期の星座別「チャンスのつかみ方」が紹介されました。各星座のポイントをまとめているので、残り半分をきった2020年をよりいい方向に導くために、ぜひ参考にしてみてください。

おひつじ座…古くからの友人を大切にすべき、なあなあの関係にならないように
おうし座…優柔不断にならず、即決即断を心がけて動くこと
ふたご座…意見や思いを口に出す勇気を持って、言霊を意識する
かに座…偏ることなく、恋と仕事の両立を。両方頑張ることが大切
しし座…9月以降のアクションで物事が好転、挑戦するなら夏に準備して9月から動く
おとめ座…新しい生活習慣や趣味を増やすと、そのなかで恋愛問わずいい出会いがある
てんびん座…多方面へアンテナを張って、好奇心を持つ。自分の好きなことばかりに集中しすぎず、視野を広くしたほうがいい
さそり座…夏の間にイメチェンを。髪色を変えたり、休みの日の服装のジャンルを変えたりすると◎
いて座…周囲のお誘いや意見に同調して、いい流れに巻き込んでもらうのが大事
やぎ座…SNSを駆使して情報収集をする
みずがめ座…10月末までに生活基盤を整える。冬場になると運気が下がりやすくなるのでいまのうちに整えておくとトラブルを避けられる
うお座…万人ウケしやすいメイクやファッションを。いろんな人から愛されやすくなるためにも、個性派を避けるほうがおすすめ

言霊の力を信じて願いを叶えよう

願いを叶えるためには「言霊」が大切と語ってくれたぷりあでぃす玲奈さん。番組冒頭の口癖を治した話からも、言霊の大切さが伝わってくる放送となりました。

星座別のチャンスの掴み方も占ってくれたので、ぜひこれを参考に運気がアガるきっかけを掴んでくださいね。